カテゴリ:未分類( 18 )

前橋アート研究会

公開研究会「第4回 f0194209_1818632.jpg前橋アート研究会」のお知らせ

いつもお世話になっております。大阪大学の小泉元宏と申します。

直前のお知らせで恐縮ですが、明日30日17時より、前橋でアートに関する研究会を
行いますので、その旨、お知らせさせていただきます。

来る8月4日(木)~10日(水)にノイエス朝日(前橋)で開催される、
『白川昌生展 駅家の木馬』についてのお話を作家の白川さんに伺うなどしながら、
「物語」を通じた想像力によって形成されていく「地域」「コミュニティ」
について等、幅広く「地域(性)」をテーマとした勉強会・議論を行っていく予定です。

ご関心ある方の参加をお待ちしております。

*******************************************************************

「3.11以後の“地域”とアート」
3月11日の東日本大震災と福島原発事故以来、私たちはエネルギーや食糧など、
生活に深く根ざす問題のなかから、「地域」について考え直すべき状況に置かれています。
そのようななかで、土地的/テーマ的な意味合いの両面において、「地域」という概念が
急速に、その含む意味を変えつつあるのではないでしょうか。
今回の「前橋アート研究会」では、地域に展開するアートが前提とする「地域(性)」が、
いまどのように再編成されつつあるのかを中心に議論していきます。

◇日時◇

2011年7月30日(土) 17:00開始

◇会場◇

YAMAN's cafe(ヤーマンズ・カフェ)
JR両毛線 前橋駅 徒歩15分

◇参加費◇

1,500円(1ドリンク+軽食付き)

問い合わせ先:小泉元宏(xux0xux@hotmail.com)

*******************************************************************
[PR]
by thearts | 2011-07-29 18:18

前橋アート研究会のお知らせ

f0194209_18251631.jpg
アート活動に関する研究会のお知らせをさせていただきます。

下記のとおり、2011年2月26日(土)に前橋で、アーティスト白川昌生さんや、
東京藝術大学准教授の毛利嘉孝さんらと、研究会を行います。

ご興味を持って頂けましたら、ぜひ足をお運びください。

***********************************
「前橋アート研究会 vol.2」
*日時*
2011年2月26日(土) 18:00 Start
*会場*
Ya-man’s Café
(前橋弁天通り商店街/JR前橋駅 徒歩15分)
*参加費*
¥1500(ワンドリンク・軽食含む)
*参加(予定)者*
白川昌生/毛利嘉孝/小泉元宏/木暮伸也/八木隆行/内山浩幸/喜多村徹雄/小鮒正博/小林夢実/岡田達郎 他

飛び込み・途中参加自由。作家の方は/ぜひ自身の作品のデータなどを持ってお越しください。
問い合わせ先:xux0xux@hotmail.com (小泉)
[PR]
by thearts | 2011-02-21 18:27

前橋アート研究会のお知らせ

f0194209_2357352.jpgご無沙汰しております。東京藝術大学の小泉元宏です。
研究会のお知らせをさせていただきます。

下記のとおり、来る18日に前橋で、アーティスト白川昌生さんや、
前橋・群馬を中心に活動している作家の方々らと勉強会を行います。

今年から青春18きっぷが冬にも購入・使えるようになりました。近隣都県の方々も含め、
ご興味を持って頂けましたら、ぜひ足をお運びください。

***********************************

前橋アート研究会

~「想像☆の力」と、群馬というコミュニティからの活動の可能性~

少子・高齢化、人口減少社会の到来と、00年代以降、日本の地域社会は大きな転換期を
迎えています。このような時代背景のなかで、日本では、アート・プロジェクト、アートNPO、
アーティスト・イン・レジデンスなどが急増し、新たなアートをめぐる場の展開が、各地で見られる
ようになりました。しかし、それらの新しい活動の隆盛のいっぽうで、地域社会で活動している
アーティストたちが、それらの活動に入り込むような展開がどれほど見られてきたでしょうか。

「地域の新たなアート」は、「地域の新たなアート・シーン」を地域社会にもたらしたのでしょうか。
この研究会では、群馬県・前橋市近郊を中心に活動する作家たちを交えながら、これまでの地域での
アートの展開を批判的に捉えると共に、地域からのアート=想像の力の可能性を明らかにしていきます。

●日時●
2010年12月18日(土) 18:00 Start
●会場●
Ya-man’s Café
前橋弁天通り商店街、JR前橋駅徒歩15分
●参加費●
1500円(ワンドリンク・軽食含む)
●参加予定者●
白川昌生(アーティスト・「場所、群馬」)×小泉元宏(東京藝術大学) ほか

飛び込み、途中参加自由。
作家の方は、ぜひ自身の作品のデータなどを持ってお越しください。

問い合わせ先:xux0xux@hotmail.com (小泉)
[PR]
by thearts | 2010-12-10 23:57

第12回時空研「津波博美」

第12回「時空研」のお知らせ


東京芸術大学の千住キャンパスを中心に、
アーティスト、キュレーター、オーガナイザー、文化行政関係者、フリーター、研究者らが、
現代アート、特に「地域・市民社会と現代アート」の関係にまつわる
読書会・トーク・ディスカッションを行っている「時空芸術研究会(時空研)」では、
次回の研究会を下記のように行います。

つきましては、ぜひご興味のある方々にご参加いただきたく、その旨、
お知らせさせていただきます。


***************************************************************

「第12回時空芸術研究会のお知らせ」

・日時 2010年4月23日(金)
19:30― トーク
20:30― 座談会

・定員 12名(要予約)
・料金 無料(お茶・コーヒー付)

・ゲスト Hiromi Tsuha(津波博美)

・会場 東京藝術大学 千住校地(最寄駅 北千住)

〒120-0034 東京都足立区千住1-25-1
【JR】北千住駅 下車徒歩約5分
【地下鉄】千代田線・日比谷線北千住駅 下車徒歩約5分
【東武鉄道】東武伊勢崎線北千住駅 下車徒歩5分
【首都圏新都市鉄道】つくばエクスプレス北千住駅 下車徒歩5分

http://www.geidai.ac.jp/access/senju.html

・HP http://thearts.exblog.jp/

・連絡先
ご参加についてなど xux0xux@hotmail.com
当日連絡先  090-1844-1503 (小泉)

***************************************************************



今回は、ゲストトークと座談会です。

沖縄育ちでロンドン在住の美術作家、津波博美(Hiromi Tsuha)さんを
ゲストにお呼びして、現在、那覇で行っている交流プログラム「家」のことや、
ご自身の活動についてお話しいただきます。

いわゆる「地方」のある場所から、「国」や「地域」といった枠組みを超えて、
アーティストらが自主的につながっていく活動を企画・展開しはじめている
津波さんの活動には、現在の表現活動や、地域からの発信に関する、いくつかの
ヒントになるような面白いものが含まれているのではないか、と思います。

なお、後半は津波さんのご活動についてをベースとしながら座談会を予定しております。


ゆるい感じのトークと座談会で、ということで津波さんと話しておりますので、
みなさまもぜひ、お気軽に足を運んで頂けたら幸いです。


参加ご希望の方はお気軽に、上記のアドレスに一言メールを頂けたら幸いです。
(当日は、大学の玄関が施錠されてしまうため、開錠のために一言参加の旨を
お伝えいただけたら幸いです)

それではみなさまのご参加、お待ちしております。


***************************************************************


津波博美プロフィール

Hiromi Tsuha
Born 1970 Okinawa, Japan
London based artist

+44(0)7787605094
ryukyu_tsunami@yahoo.com
www.hiromitsuha.co.uk

education
2006/07 MA Fine Art Printmaking
Camberwell College of Arts,
University of the Arts, London, UK

exhibitions
2010 : 3rd house, (solo) Gallery Point 1 , Naha, Okinawa. Japan
2010 : Home/家, (Touring group show) Okinawa Prefectural Art Museum, Japan
www.museums.pref.okinawa.jp
2010 : Home/家, Else, Okinawa. Japan
2010..: Home/家, Z space , Okinawa, Japan
2009 : Unconscious Memories, skalyija, Lithuania
2009 : Westminster Arts Open , SW1 gallery, London, UK
2009 : Dead Reckoning, Ada ,Street gallery, London, UK
2009 : All come back to mine, thintype, London, UK
2009 : This is London (solo), Double Decker cafe, Okinawa, Japan
2009 : mending home (solo), Okinawa jikan bijyutsukan, Okinawa, Japan
2009 : I want to stand up (solo), Z space, Okinawa, Japan
2008 : Wanakio2008, Okinawa, Japan . www.wanakio.com
2008 : B-liners, James Taylor building, Hackney, London. UK
2006 : Deptford X Open, APT Gallery, London UK
www.deptfordx.org.uk

residencies / awards
2009 : Z space, Okinawa-city, Okinawa, Japan

related articles & publications
2009 : Ryukyu Simpo , Art monthly critique, January
2009 : Ryukyu Simpo, Solo Exhibition preview, January
2009 : Okinawa Times Solo Exhibition critique
2007 ; Printmaking TODAY [Vol 16 No2 SUMMER 2007] EDUCATION, U.K
[PR]
by thearts | 2010-04-12 10:16

ART LAB OVAとの合同研究会

「ART LAB OVAとの合同研究会のお知らせ」


ART LAB OVAと時空芸術研究会では、下記の日程で合同研究会を行います。

今回の研究会では、「”コミュニティー・アート”の問題点・課題」を中心に報告・議論を行う予定です。
人々や場との関係性を重視した表現活動について、あるいは地域社会で行われるアートプロジェクトや
社会と関わる芸術活動にご興味・ご関心をお持ちの方々の参加をお待ちしております。

・日時 2010年1月25日(月)19:30~
・定員 10名程度/要予約。
参加動機、おかずの持込の有無を記載して以下まで。
artlabova★dk.pdx.ne.jp( ★→@ )
・報告者 
ART LAB OVA(アートラボ・オーバ)、小泉元宏(東京藝術大学)
・料金 1000円(お茶フリー、ワンアルコール付、白飯付、みんなで食べられるおかず持込者500円割引)
・会場 ART LAB OVA13坪のアートセンター
〒231-0062横浜市中区桜木町3-13大島ビル5F

・HP
http://artlabova.org/ (ART LAB OVA)
http://thearts.exblog.jp/ (時空芸術研究会)
[PR]
by thearts | 2010-01-21 23:48

時空研 新年会

以下のように、時空芸術研究会を開催いたします。

アートや現代文化、市民社会との関係などに関心がある方なら、どなたでもご参加可能です。


***********************************************************

「第10回時空芸術研究会新年会のお知らせ」


日時: 2010年1月15日(金) 19:00 スタート(18:55入り口集合)
場所: 東京芸術大学北千住キャンパス(右記、地図ご参照ください)
参加費: 無料(後半の新年会は飲食代)


19:00-21:00 Thornton. Sarah., Seven Days in the Art World., New York: W. W. Norton., Nov 2008. (=鈴木泰雄訳、2009年、『現代アートの舞台裏』ランダムハウス講談社)の購読

21:00-23:00 新年会



参加ご希望の方は、小泉xux0xux☆hotmail.comまでご連絡ください(☆を@に変えてください)。
(当日は入校にIDカードが必要です)

**************************************************************
[PR]
by thearts | 2010-01-13 13:04

時空芸術研究会in横浜下町パラダイスまつり



次回の時空藝術研究会は、2009年8月24日(月)19:00から
横浜下町パラダイスまつり内で行いますので、以下概要をご案内申し上げます。

今回は,アート・プロジェクト「横浜下町パラダイスまつり」との共催で,芹沢高志さんと一緒に,「アート・プロジェクトのなかでアート・プロジェクト」を考えるトークイベントをおこないます。


***********************************************************

「時空芸術研究会in横浜下町パラダイスまつり開催のお知らせ」

日時: 2009年8月24日(月) 19:00 スタート
場所: シネマ・ジャック&ベティ周辺
参加費: 無料


●ミニミニアートシンポジウム
(芹沢高志氏、遠藤水城氏、小泉元宏ほか)

横浜下町パラダイスホームページhttp://downtownart.hama1.jp/


参加ご希望の方は、小泉xux0xux☆hotmail.comまでご連絡ください(☆を@に変えてください)。

**************************************************************
[PR]
by thearts | 2009-08-04 13:17

第6回研究会開催のお知らせ

(再)研究会開催のお知らせ


延期となっておりました、次回の時空藝術研究会は、2009年3月31日(火)19:30から
東京芸術大学千住キャンパスで行いますのでご案内申し上げます。


***********************************************************

第6回研究会開催のお知らせ

日時: 2009年3月31日(火) 19:30-22:00 (19:25大学前集合)
場所: 東京藝術大学(千住キャンパス)2F 第一ゼミ室
参加費: 無料

報告者1:笹島秀晃
東北大学大学院文学研究科社会学専攻博士課程(日本学術振興会特別研究員)

「博士論文構想発表」※都市社会学の視点から、横浜・水戸などの文化政策・アートNPO活動
などを捉えた報告が予定されています。


報告者2:高井康充
早稲田大学人間科学部(4月より多摩美術大学大学院修士課程)

卒業論文発表「Open to Possibility ~リレーショナル・アートによって開かれた可能性」


なお先月の第5回研究会で配ったヒルシュホルン・エンヴェゾーのインタビューなどは、第7回以降
の読書会の回で取り上げます。テクストをお持ちでない方は次回も配布致しますので当日お持ち帰り
ください。

参加ご希望の方は、小泉xux0xux☆hotmail.comまでご連絡ください(☆を@に変えてください)。
※当日は17時以降、IDカードがないと大学内に入れませんので事前にご連絡が必要です。

**************************************************************

[PR]
by thearts | 2009-03-16 15:55

第6回研究会のお知らせ

研究会延期のお知らせ


次回研究会の日程変更について、連絡させていただきます。

先日研究会メーリングリストおよびウェブ上でお知らせいたしましたように、第六回研究会の
開催を来週木曜日(3/12)に予定しておりましたが、報告者両名からの意向を受けまして、
開催を延期させていただくことになりました。

現在、月末の開催を軸に、報告者と調整をしております。つきましては改めて、日程を連
絡させていただく予定でおりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

すでに来週の参加を予定していただいたみなさまにはご迷惑をおかけ致しますが、何卒事
情をご理解いただき、延期日程でのご参加の検討をよろしくお願い申し上げます。




次回の時空藝術研究会は3月12日木曜日19:30から行いますので、ご案内申し上げます。トーク(研究報告)を予定しています。


●報告予定者

・笹島秀晃さん
東北大学大学院文学研究科社会学専攻博士課程(日本学術振興会特別研究員)
「博士論文構想発表」

・高井康充さん
早稲田大学人間科学部(今春より、多摩美術大学大学院に進学予定)
卒業論文発表「Open to Possibility ~リレーショナル・アートによって開かれた可能性」


詳細はおってご連絡いたします。なお今月の第5回研究会で配ったヒルシュホルン・エンヴェゾーのインタビューなどは、第6回以降の読書会の回で取り上げます。テクストをお持ちでない方は次回も配布致しますので当日お持ち帰りください。
[PR]
by thearts | 2009-02-27 10:54

第6回時空研のお知らせ

次回の第6回時空研については、会場・日程を調整中です。研究発表を中心に、3月中旬開催を予定しています。近日中にこちらのHP、および当研究会メーリングリストにてお知らせいたします。

なお次回読書会については、下記の二つのインタビュー文章を読みながら議論する予定です。

これらの文章は、チャールズ・メアウェザー(Charles Mereweather)編集の、Documents of Contemporary Art: The Archiveに掲載されているものです(右記ライフログ参照)。

1、Thomas Hirschhorn interview Okwui Enwezor
ヒルシュホルン(Anthony Hirschhorn)は1957年スイス生まれでパリを本拠地にしながら活動するアーティストです。また、オクウィ・エンヴェゾー(Okwui Enwezor)は1963年ナイジェリア生まれのキュレーターで、サンフランシスコ・アート・インスティチュートで教鞭もとっています。

2、Neil Cummings and Lewandowska, From Enthusiasm to the Creative Commons. Interview with Anthony Spira
ニール・カミングス(Neil Cummings)はロンドン芸術大学チェルシー・カレッジ教授、マリシャ・ルワンドウスカ(Lewandowska)はコンストファク(スウェーデン国立芸術デザイン大学)教授です。また、アンソニー・スピラ(Anthony Spira)は、ロンドンのホワイトチャペルギャラリー等を中心に活動している30代の若手キュレーターです(プロフィールはこちら)。


(2は上記テクスト名クリックで、リンク先の記事を読むことができます。)
[PR]
by thearts | 2009-02-20 16:45