タグ:relational art ( 3 ) タグの人気記事

第6回研究会開催のお知らせ

(再)研究会開催のお知らせ


延期となっておりました、次回の時空藝術研究会は、2009年3月31日(火)19:30から
東京芸術大学千住キャンパスで行いますのでご案内申し上げます。


***********************************************************

第6回研究会開催のお知らせ

日時: 2009年3月31日(火) 19:30-22:00 (19:25大学前集合)
場所: 東京藝術大学(千住キャンパス)2F 第一ゼミ室
参加費: 無料

報告者1:笹島秀晃
東北大学大学院文学研究科社会学専攻博士課程(日本学術振興会特別研究員)

「博士論文構想発表」※都市社会学の視点から、横浜・水戸などの文化政策・アートNPO活動
などを捉えた報告が予定されています。


報告者2:高井康充
早稲田大学人間科学部(4月より多摩美術大学大学院修士課程)

卒業論文発表「Open to Possibility ~リレーショナル・アートによって開かれた可能性」


なお先月の第5回研究会で配ったヒルシュホルン・エンヴェゾーのインタビューなどは、第7回以降
の読書会の回で取り上げます。テクストをお持ちでない方は次回も配布致しますので当日お持ち帰り
ください。

参加ご希望の方は、小泉xux0xux☆hotmail.comまでご連絡ください(☆を@に変えてください)。
※当日は17時以降、IDカードがないと大学内に入れませんので事前にご連絡が必要です。

**************************************************************

[PR]
by thearts | 2009-03-16 15:55

第5回研究会開催のお知らせ


時空研の第5回は、2月19日木曜日開催です。

"Right About Now: Art and Theory Since the 1990s"(右記、ライフログ参照)の中から、Hal Foster"(Dis)Engaged Art"(part2"Archival Spaces," part3"Blind Spot")を読みます。

また、Jeroen Boomgaard, "Talk to the Hand"も参考資料として使いながら、ディスカッションに入ります。Boomgaardは、アムステルダム大学教授(Art and Public Space, Rietveld Academy)で、以下のようなプロフィールを持つ研究者です。

参考URLはこちら

Jeroen Boomgaard

has been teaching Art History of the Modern Era at the Universiteit van Amsterdam since 1983. He obtained his PhD with honours in 1995 with a thesis titeld 'The Prodigal Son; Rembrandt and Dutch art historiography'. He is working as Professor for the Researchgroup Art & Public Space at the Gerrit Rietveld Academie in Amsterdam since January 2003, and fulfils a position in the Faculty of Building and Architecture at the Technische Universiteit Eindhoven.
He regularly publishes articles about avant-garde issues and art and public space in Dutch and foreign magazines. Recent publications include:

‘A year in the wild’, a compilation of articles on art in public areas, Gerrit Rietveld Academie/ Universiteit van Amsterdam, 2004
‘De Magnetische Tijd. Videokunst in Nederland 1970-1985’, jointly edited with Bart Rutten, Rotterdam 2003.
‘Als de kunst erom vraagt’. De Sonsbeek exhibities van 1971, 1986 en 1993’, jointly edited with Marga van Mechelen and Miriam van Rijsingen, Arnhem 2001.


******************************************

第5回研究会開催のお知らせ

日時: 2009年2月19日(木) 19:30-22:00 (19:25大学前集合)

場所: 東京藝術大学(千住キャンパス)2F 第一ゼミ室

参加費: 無料

参加ご希望の方は、小泉xux0xux☆hotmail.comまでご連絡ください(☆を@に変えてください)。
※当日は17時以降、IDカードがないと大学内に入れませんので事前にご連絡が必要です。

******************************************
[PR]
by thearts | 2009-02-04 16:41

第2回研究会の報告

第2回研究会が11月17日に終了いたしました。

Claire Bishopの“The Social Turn: Collaboration and its Discontents” (Artforum International, February 1, 2006) を読み、参照として“Relational Aesthetics”の抜粋などを読みました。

・ジャック・ランシエールの言説を引きながら、キリスト教的な倫理的価値観に還元して善悪を判断することへの危惧を述べるビショップのリレーショナル・アート(を推進するキュレーターら)に対する批判が、非ヨーロッパに位置する日本でどのように捉えられ得るのかについて議論が交わされました。

※参加者は、井上文雄(CAMP/MOT)、内山幸子(秋吉台国際芸術村)、遠藤水城(ARCUSディレクター)、毛原大樹(アーティスト「コジマラジオ」)、小泉元宏(D1)、桜井綾(慶應義塾大院)、須賀千紘(お茶の水女子大)、賞雅曜哲(B4)、水内貴英(アーティスト)、長谷川仁美(MIACA)、山口礼子(B1)、吉崎和彦(キュレーター)[敬称略]でした。
[PR]
by thearts | 2008-12-10 00:08